この記事は約 2 分で読めます。

 
自転車の修理で最も多いのは、

何と言ってもパンクですよね。

 

自転車屋でのパンク修理の相場としては、

1,000円前後といったところ。

 

今は百円均一店で必要な道具や資材も揃い、

自分で修理すれば1回、500円もあれば

処置可能です。

 

しかし、変速機付き自転車のギアが

変わらなくなり修理が必要となった場合には、

さすがに自分で修理するのも難しいですよね。

 

そこで今回は、

変速機付き自転車のギアが変わらない原因、

原因別の修理費の相場

について見てみたいと思います。
 

「自転車ギア」が変わらなくなる原因は4つ?


 
変速機付き自転車のギアが

変わらなくなる原因としては、

どのようなものがあるのでしょうか。

 

①前輪部の錆、汚れ
 

 
まず、最も単純な原因としては

シフトレバーや各部品には異常がなく、

単に錆や汚れによるものです。

 

この場合、チェーンやリアホイールに

サイズの異なるギアが複層の状態で

組まれたスプロケット、

前輪のチェーンリングに発生した錆、

汚れの除去、注油によって改善できます。

 

②後輪リアディレイラー動作不良
 

 
後輪のスプロケットの

各ギアにチェーンを移動させる

リアディレイラーが

動かないことによるものがあります。

 

この場合、改善内容は

  • シフトレバーとリアディレイラーを繋ぐ
  • ワイヤーの調整

  • リアディレイラー部の修理

のどちらかが必要になります。

 

③フロントディレイラー動作不良
 

 
フロントディレイラーとは

チェーンリングの各ギアにチェーンを

移動させる部位です。

 

この場合も、リアディレイラーと同様に、

「シフトレバーとフロントディレイラーを繋ぐ

ワイヤーの調整」

で改善されればよいのですが

「ワイヤーの調整」そのものが難しいため

自転車屋で調整してもらってくださいね。

 

④シフトレバーの故障
 

 
「シフトレバーの故障」は

下手に自分で修理しようとするよりも

自転車屋に持ち込む方が賢明とです。
 

「自転車ギア」の原因別、修理費用は?


 
ギアが変わらなくなった場合の

原因別の修理費用の相場

(自転車屋に依頼した場合)

について紹介します。
 

  • 錆、汚れの除去や注油:約3,000円
  • ワイヤー交換、前輪後輪:各約2,000円
  • シフトレバーの交換:約10,000円
  • 変速機ギアの調整:約1,000円

ギア調整以外の修理に関しては、

メンテナンス費用:約15000円

と考えましょう。

 

なお、修理後に思わぬ費用を

請求されることの無いよう、

修理前に費用の見積書が欲しいですね。

 

どうでしたか?

シティーサイクルのように

ギアが変わらなくなっても支障が少ない車種は、

修理費用と本体価格とを十分比較した上で

修理の要否を判断が必要です。

 

もっとも、汚れの除去や注油といった

日々のメンテナンスによって防げる故障は、

最低限防ぐような努力は

怠ることの無いようにしたいですね。