この記事は約 3 分で読めます。

 
トヨタの「プリウスα」が非常に人気で

中でも七人乗りの

「プリウスα」は注目の的です。
 

しかし、その大きさの問題や価格の問題で

そう簡単に購入することはできません。
 

今回はそんなプリウスαの

「大きさ問題」と「値段相場」

についてまとめました。

車を「買う」「売る」 前に読む記事!
①車を安く買う方法は?
②車を高く売る方法は?

「プリウスα七人乗り」の大きさ問題とは?


 
冒頭少し紹介したように

「プリウスα」7人乗りに試乗した

方々の感想は「その大きさについて」

が最も多く、

「狭く感じた」「足元が窮屈」

といった口コミが多くみられています。
 

しかし、本当にそうなのでしょうか?
 

その結果、狭いと判断している主原因は

7人乗りの場合の

サードシートにありました。
 

さらに、

「プリウスα」の車体自体の車高の低さが

そう感じさせるものになっていたのです。
 

以下に、この二つの主要因について、

何故そう思ってしまったのか、

感じてしまったのかを紹介します。
 

①サードシートの問題
 

 
「プリウスα」は、そもそも他の

ミニバンで想定している

サードシートを常時利用する

というコンセプトではないのです。
 

必要な時にサードシートを引き出し、

「臨時」に使用するという

コンセプトになっています。
 

つまり、

法律上7人まで乗車できるように

設計されていますが、

通常運転の際には5人乗りで

走行するという方針になっています。
 

そのため、サードシートは

シート厚が比較的薄く、

構造上シートを後ろにスライドさせることは

できなくなっています。
 

当然その結果、足元も狭く感じてしまう

原因がここにあります。
 

②車高の低さ
 

 
「プリウスα」はこれまでのプリウスよりも

燃費効率が飛躍的に向上しています。
 

動力系の改造は無論の事、

車両全体が受ける空気抵抗も

極限まで落とす努力を行った

設計になっています。
 

実際、これまでのプリウスに比べて

僅かに車高が低くなっている

と言われています。
 

では、実際どうなのか見てみましょう。

◇プリウスのサイズ

  • 全長:4540mm
  • 全幅:1760mm
  • 全高:1470mm
  • 室内長:2110mm
  • 室内幅:1490mm

 

◇プリウスαのサイズ

  • 全長:4630mm
  • 全幅:1775mm
  • 全高:1575mm
  • 室内長:2690mm
  • 室内幅:1520mm

 

実は全体的に少し大きくなっているんですね。
 

少しイメージが
先行しているだけなのでしょう。

「プリウスα七人乗り」の値段相場とは?


 
新車の場合についての値段相場について

ご紹介したいと思います。
 

「プリウスα」には、

いくつかのモデルに分かれ、

価格設定がされています。
 

例えば、

◇「プリウスα」新車販売価格

  • 特別仕様車 S“tune BLACK Ⅱ”
  • 2,989,440円

  • Gシリーズ
  • 3,465,720円

  • GRシリーズ
  • 3,556,440円

  • Sシリーズ
  • 3,222,720円

となっています。
 

新車販売ディーラーにより

値引き額が様々ですが、

概ね5%程度の値引きが最大値引きになり、

車両本体価格の相場と言うことになります。
 

しかし、ディーラーによればオプションが

格安で付けられたりする場合もあり、

一概に車両本体価格だけの値段で

購入金額を見れないのが現状です。
 

◇「プリウスα」中古車販売価格

①プリウスα 1.8 S

ツーリングセレクション

  • メモリーナビ フルセグTV ETC
  • 年式:2016年
  • 走行距離:2.3万km
  • 排気量:1800CC
  • 値段:214.6万

 
②プリウスα 1.8 S

ツーリングセレクション

  • メモリーナビ フルセグTV ETC
  • 年式:2018年
  • 走行距離:202km
  • 排気量:1800CC
  • 値段:309.5万円

 
どうでしたか?

 
デメリットもありますが、

総合的に見ると

やはり魅力的な「プリウスα」

人気も上位の車なので、

このへんが気にならない方は

一度検討してみてはどうでしょうか?
 

この記事の監修者

車査定.COM㈱
車査定.COM㈱
主に車売買の情報を発信しています。「役に立った!5万円も得しました!」などのコメントをもらう度にこのサイトを作って良かったなと思います。