この記事は約 5 分で読めます。

 
86と言えば風を切って

走る姿が目に浮かびます。
 

日本では普及が難しい

スポーツモデル車ですが

愛好者は多く86の登場に

“若者たちの車離れ”を引き留める役割を

期待する声も多いです。
 

また、2016年9月にスポーツカーの

祭典“ゼロヨン”で世界最速記録を

樹立した事で86の存在を

世界に大いに知らしめる事となりました。
 

今回はトヨタ車

「86」の中古車価格や維持費用

等の必見情報を紹介します。
 
※安く買う方法のみを知りたい方は

下記リンクか目次で移動できます。
 
意外と知らない中古車を安く買う方法とは!?
 

車を「買う」「売る」 前に読む記事!
①車を安く買う方法は?
②車を高く売る方法は?

86ってどんな車?

2012年にトヨタ自動車が

販売したスポーツモデル車です。
 

 
開発は富士重工業(スバル)と

共同で行われ、スバルのBRZとは

兄弟車となります。
 

販売当初から“低価格でありながらも

走りを楽しめる車“として

若者を中心に人気が出ました。

 
しかしトヨタの定めたメインターゲットは

1983年に発売された

カローラのスポーツモデル車である

AE86を愛した

40代から50代の男性です。
 

86にかかる維持費は?

スピードの速い車はガソリンをくう

イメージが強いですが

実際にはどれ程かかるのでしょうか。
 

また、保険やメンテナンスにかかる費用も

あげる事で86が必要とする

年間維持費を計算してみましょう。
 

ガソリン代

約13万円/年間

  • 年間走行距離:10,000Km
  • 平均実燃費:9.38Km/L
  • ガソリン単価:120円

保険料

約15万円/年間

  • 年齢:23歳
  • (年齢制限あり、21歳以上25歳未満)

  • 車両保険:無し
  • 年間走行距離:10,000Km
  • 支払方法:年払い

任意保険は強制ではありません。
 

しかし万が一を考えて

きちんと加入しておきましょう。
 

メンテナンス費用

約3.5万円/年間(車検代として)

約5万円/年間(予備費として)

車検費用の大部分は

重量税や登録印紙代などです。
 

これらで約6万円は必要となり

他に部品の交換や作業の

手数料が上乗せされます。
 

初回は3年後、以降は

2年に1回となるので

毎年の負担ではありません。
 

86の年間維持費として必要な額は

約40万円

と考えておきましょう。
 

これとは別に突発的な費用を

プールしておけば急な出費に

慌てる事もありません。
 

86を購入する際の注意点とは?

86は4人乗りですが

ボディタイプは“クーペ”です。
 

ファミリーで所有するには

乗り降りが大変で荷物も積み込めません。
 

ご主人や奥様が86ファンでしたら

メインの車では無く“2代目の車“として

所有する事をおススメします。
 

1人もしくは2人でスピードを楽しむ為に

ドライブで使ったりするには最適な車です。
 

86新車の価格相場は?

2012年に発売が開始されてから

日々進化を続けている86。
 

最新の新車のグレードと

価格を見て行きましょう
 

(メーカー希望小売価格・税込)

  • 86GT
  • ”Limited・High Performance Package”
    【2.0L/6AT】4人乗り
    ¥3,461,400

  • 86GT
  • ”Limited・High Performance Package”
    【2.0L/6MT】4人乗り
    ¥3,394,440

  • 86GT”Limited”
  • 【2.0L/6AT】4人乗り
    ¥3,250,800

  • 86GT”Limited”
  • 【2.0L/6MT】4人乗り
    ¥3,183,840

  • 86GT
  • 【2.0L/6AT】4人乗り
    ¥3,048,8400

  • 86GT
  • 【2.0L/6MT】4人乗り
    ¥2,981,880

  • 86G
  • 【2.0L/6AT】4人乗り
    ¥2,647,080

  • 86G
  • 【2.0L/6MT】4人乗り
    ¥2,623,320

「スポーツカーはやっぱりMT!」

と言う人が多いですが

価格で見るとどのグレードも

ATの方が若干高く設定されています。
 

86新車の値切れる金額相場は?

販売店がどうしても売りたい車は

値引き額も大きくなります。
 

しかし86に関しては大量に

販売する事を念頭に置いていません。
 

“86の価値を知るコアなファンにこそ

買ってもらいたい“と言う販売側の

姿勢が見て取れます。
 

年間を通して見ても

値引き額は10万円前後の間で

推移しています。
 

それでも決算期である3月は

大きな値引きが期待できるので

そこを狙ったり

ディーラー同士で競合してもらうなど

してみてはいかがでしょうか。
 

86中古車の価格相場は?

86は購入後に自分で部品を揃えて

カスタマイズする人が多いです。
 

中古車市場では様々な

86を見る事ができます。
 

86 2.0G 

フロアMTモード付6AT

  • 未使用車、LEDヘッドライト
  • イモビライザー、アルミペダル、VSC付き
  • 年式:2017年
  • 走行距離:5Km
  • カラー:クリスタルホワイトパール
  • 排気量:2000cc
  • ¥2,599,000(本体価格)

 
86 2.0GT 
フロアMTモード付6AT

  • 現行モデル、純正オプションメモリーナビ
  • フルセグTV付き
  • 年式:2016年
  • 走行距離:0.6万Km
  • カラー:オレンジメタリック
  • 排気量:2000cc
  • ¥2,568,000(本体価格)

 
86 2.0GT 
リミテッド フロア6MT

  • ETC、スマートキー、カーナビ
  • オーディオ、アルミホイール付き
  • 年式:2015年
  • 走行距離:3.8万Km
  • カラー:クリスタルブラックシリカ
  • 排気量:2000cc
  • ¥2,398,000(本体価格)

 
86 2.0GT 
リミテッド

  • フルエアロパーツ、トムスマフラー
  • ナビ付きフルセグTV、19アルミ付き
  • 年式:2014年
  • 走行距離:2.0万Km
  • カラー:アイシスシルバーメタリック
  • 排気量:2000cc
  • ¥2,588,000(本体価格)

 

年式が古くなっても

価格に差があまり出ないのは

カスタマイズされている

装備品の種類や内装、外観

それに内部部品の状態も良い物が

多く中古車市場に出ているからでしょう。
 

86の中古車、新古車を安く買う方法は?

インターネットが普及して

車を購入する際の情報集めとして

誰もが最初に検索すると思います。
 

しかしそんな情報豊富な中でも、

インターネット上には公開されていない

「非公開車」というもの

を会社は所有しているんです。
 

今回はそんな会社を

ランキングと特徴をあわせて

紹介していきます。

お勧めランキング1位:ガリバー




中古車販売台数1位

のガリバーは誰もが知っていますね。

大手ならではの保障があり

最長10年保障という特典まであるんです。
 
お勧めランキング2位:ズバット車販売
ズバット車販売 スマホ

一度は見ておきたい「ズバット」
 

ここの特徴は車を

プロに探してもらえます。

もし、具体的に車が決まっていない方なら

自分の希望に沿ったものでも大丈夫です。
 
 
お勧めランキング3位:カーセンサーnet

こちらも誰もが聞いたことがある

「カーセンサー」
 

保障が業界最多項目という点で

安心感の強い会社です。
 
お勧めランキング4位:カスタム車探すならFLEX



カスタムに強い会社で、

「86」ならカスタマイズする方も多いので

一回は問い合わせておきたいところですね。
 

掘り出し物が見つかるかもしれません。
 

これらは入力する時間も

1分程度ですごく簡単なので、

一度中古車探しに活用してみて下さい。
 

よくある86特有の故障とは?

<オイルホース接続部の不具合>

86は2013年にリコールの届出を

提出している不具合があります。
 

それはオイルホース接続部の不具合です。

 
状態としてはオイルクーラーと

オイルホースを繋ぐ継手に不具合があり

使用を続けると継ぎ手部分から

オイルの漏れがおこると言うものです。
 

最悪、エンジンが壊れる事もあります。
 

対象車種使用車へは通知が出されており

継手の交換によって

事故は回避できています。
 

中古車を購入する際は

リコール対象車なのか?

対処は住んでいるのか?

を販売店側へ確認する事が必要です。
 

86高く売る為の維持方法は?

86は“走る事を楽しむ車”なので

エンジンへの負担は他の車に比べて

大きいと思われます。
 

しかし、しっかりとメンテナンスを行う事で

何年後にも爽快な走りを保つ事ができます。
 

オーナーが愛車である

86に接する姿勢は人から

何か言われて変わるものではありません。
 

それでは売りたい時には

どうすれば良いのか?
 

86は自分で部品を購入して

カスタマイズしている事が多いですが

正規ディーラーに持ち込んでも

「純正パーツ以外の部品が多数

搭載されている車は買い取りできない。」

又は

「買い取り金額が安くなる。」

といった事が懸念されます。
 

そんな場合には独自で買い取りを

行っている業者にお願いしてみましょう。
 

86は“スポーツカー”と呼べるのか?
 

実際にこの問いかけに

「呼べる」と言う人もいれば

「呼べない」と言う人もいます。
 

しかしスピードが体感でき

楽しめる車である事に違いはありません。
 

昔から“車は男のロマン“と称されます。
 

これから先も86にロマンを感じる男性

(もちろん女性もOKです)

は増え続ける事でしょう。
 

この記事の監修者

車査定.COM㈱
車査定.COM㈱
主に車売買の情報を発信しています。「役に立った!5万円も得しました!」などのコメントをもらう度にこのサイトを作って良かったなと思います。