この記事は約 2 分で読めます。

 
「運転免許証を紛失した!」

普段よく持ち歩く物なので、

当然あり得ることですよね。

 

そんな時、

「運転免許証を紛失したけど

車の運転はできるの?」

と思う方も多いと思います。

 

紛失しても許可は出てるわけですし、

どうなんでしょうか。

 

また、

無くした時の危険はあるのか?

紛失した際にやるべきこと、再発行方法

など紛失した時に役立つ情報もまとめました。

免許証を紛失した時の危険は?

紛失したら何が問題なのかと言うと、

拾う人によっては

悪いことに使われます。

・お金を消費者金融から借りられてしまう

・クレジットカードを発行される

・携帯電話の契約

・銀行口座などの開設をされてしまう

など他にも考え付かないほど

多くの事に運転免許証は利用できます。

 

クレジットカードなどを

発行されて買い物された場合、

非常に高額な請求がきて危険です。

免許証を紛失しても運転できるの?

運転免許証を紛失しても

車の運転は可能なのか?

答えは

「運転はできません。」

 

もし運転を行った場合

「免許不携帯」という罰を受けます。

 

法律違反となり、

3000円の罰金がとられてしまいます。

 

3000円くらいなら良いかではなく、

絶対に運転をしないようにしましょう。

 

ドライバーとしてのルールは

きちんと守って下さいね。

免許証を紛失したら最初にやるべきことは?

悪用されないために

最寄りの警察署に行き

「紛失届」をだしましょう。

近くに交番があればそこでも大丈夫です。

 

とにかく何よりもまず紛失届です。

 

免許を紛失したのに、

車で出しに行く人がいるようですが

それはすでに法律違反なのでダメですよ。

 

紛失届をだした場合、

自分の免許証が他の人の手によって

使われないようにできます。

 

また、

悪用されても悪用自体を無効にできます。

 

紛失届をだしたことによって、

悪用した犯人が悪い

という事が証明できるのですね。

運転免許証の再発行方法は?

再発行するには準備が必要です。

 

必要な物を持ち、

「運転免許センター」に行きましょう。

警察署でも良いのですが、

1週間~2週間ほど時間が

かかってしまいます。

 

また、

運転免許証の更新が

近づいているときは

更新してしまうのも良いやりかたです。

 

再発行の料金がいらないのでお得です。

 

再発行の時に

準備するものは以下の通りです。

 

1:住所、生年月日、名前が

分かる身分証明書

健康保険証やマイナンバーカード

などがいいでしょう。

 

2:印鑑

シャチハタも使用可能です。

 

3:紛失届もしくは

盗難届を出したときの控え

運転免許証紛失・盗難顛末書

というものですが、

紛失届を出せば警察署でもらえます。

 

4:運転免許証発行の際に使う顔写真

運転免許センターに行けば撮影も可能です。

縦3センチ×横2.4センチのものですね。

 

5:発行手数料3500円

 

運転免許証を紛失したら、

何よりもまずは紛失届を出しましょう。

 

警察署もしくは

交番にいって聞けば分かると思います。

 

間違っても運転しないようにして下さいね。