この記事は約 2 分で読めます。

 
せっかく取得した

免許証を紛失してしまった。。。

 

面倒ですが、

そんな時はすぐに

再発行手続きが必要になります。

 

放っておく人はいないと思いますが、

悪用される前に手続きしましょう。

 

そこで今回は運転免許証の再発行に

かかる時間、期間をまとめました。

車を「買う」「売る」 前に読む記事!
①車を安く買う方法は?
②車を高く売る方法は?

免許証で再発行が必要な場合は?

免許証は紛失だけでなく、

再発行は次の場合でも実施が必要です。

・紛失

免許証を無くしてしまた場合です、

財布を落とした場合もこれに含まれます。

 

・盗難

免許証を盗まれた場合、

置き引きや強盗もこれにあたります。

 

・破損

誤って免許証を

シュレッダーにかけてしまった、

クレジットカードと合わせて

切ってしまったなどです。

 

・汚損

ペンキやマニュキュアなどで

表面が汚れてしまい、

文字が読めない状態になったなどです。

 

ついうっかりで

紛失することもあるはずです

 

免許証は大事なものなので

しっかりと管理しましょう。

 

紛失、盗難の場合は

すぐに警察に

紛失届けを出すことも

忘れないで下さい。

 

悪用されたら大変なことになります。

免許証紛失した時の「再発行場所」は?

再発行を出来る場所は

次の3カ所になります。

①運転免許試験場

②運転免許センター

③警察署

(警察署は地域によっては

受け付けていない所もあります)

 

また、

車で取得しに行くと違反になります、

免許を持っていないので

注意しましょう。

免許証紛失した時の「再発行に必要なもの」は?

再発行に必要なものは下記になります。

・再発行手数料3,500円

・住所、氏名、生年月日を

確認できる書類、保険証など。

・申請用写真1枚

(縦3cm×横2.4cm)

・印鑑(シャチハタ不可)

・運転免許証交付申請書

(再発行できる場所にある用紙です)

・運転免許証紛失顛末書

(どうして失くしてしまったのか)

・汚損、破損の場合はその免許証

 

自分の本籍地を

記入できるようにしておくのを

忘れないで下さい

免許証紛失!「再発行時間・期間」は?

再発行は土日、祝日、

また年末年始はできません。

 

地域によって多少異なりますが、

平日の8:30~15:00

(12:00~13:00は除く)

が受付時間になります。

 

運転免許試験場、

運転免許センターでは

即日発行で

「1時間~3時間」

で受け取れます。

 

混雑していると、

少し時間が長くなることもあるので

注意してください。

 

警察署で行う場合は、

即日受けとれず

「2週間~3週間」

かかります。

 

また、

再発行後に免許証が見つかった場合は

必ず返納することを

忘れないでください。

 

2つ免許証を持つことは

禁止されています。

最後に免許証の12桁の番号を見ると

ほとんどの方が最後が

0になっているはずです。

 

免許証を再発行すると、

この数字が増えていきます、

 

あまりにも数字が高い人は信用度にも

関係してくることがあります。

 

私の友人で「4」という人がいました、

何故4回もと不思議で

仕方ありませんでした。

 

特に借金があるわけでもないその友人は、

マンションを借りるときに

断られたそうです。

 

それほど免許証は重要視されています、

紛失したら悪用される前に

すぐに手続きするようにしましょう。
 

この記事の監修者

車査定.COM㈱
車査定.COM㈱
主に車売買の情報を発信しています。「役に立った!5万円も得しました!」などのコメントをもらう度にこのサイトを作って良かったなと思います。