この記事は約 2 分で読めます。

 
2020年に開催される東京オリンピック。

 

夏季オリンピックとして

56年ぶりに東京で開催されます。

 

しかし、問題はまだ満載、

テロ問題、予算問題

人員問題、交通問題

などそもそも開催に間に合うのか

などの不安もありますよね。

 

そんな中、

オリンピックを日本中で盛り上げる

記念ナンバープレートの交付が

開始され注目を浴びています。

 

今回はそんな

オリンピックナンバープレートの

申込方法、値段についてまとめました。

車を「買う」「売る」 前に読む記事!
①車を安く買う方法は?
②車を高く売る方法は?

「オリンピックナンバープレート」の申し込み方法は?

現在のナンバーのままで

申し込む場合は2通りあります。

 

この方法として

①ネットで申し込みを行う

→国土交通省ホームページ

②管轄の予約センター窓口

で行うことができます。

 

ネットで予約する方が、

店などに車で出向くのが交

換する時だけになりますので

簡単に済むと思います。

 

ネットでも申し込みで必要なのは

・自分のメールアドレス

・車検証

(入力する際に必要な情報が載っています)

が必要になります。

 

指示通り入力を完了すると、

メールにて申込完了のお知らせと

銀行振込口座が送られてきますので

入金を完了させましょう。

 

入金を完了させるとメールにて

交付可能期間のお知らせがきますので、

期間中に陸運局に行けば

変更完了となります。

「オリンピックナンバープレート」の値段は?

オリンピックナンバープレートの値段は

・地域

・大型、中型、軽自動車

・自家用、事業用

によって多少変わってきます。

 

あくまで相場になりますが、

軽自動車で

値段相場「7,000~9,000円」

中型、大型車で

値段相場「11,000~16,000円」

となります。

 

上記の値段に1,000円以上の

寄付金をプラスすることにより、

2種類のナンバープレート

(オリンピック、パラリンピック)

から選ぶことができるのです。

 

通常のナンバープレート交換費用は

約4,000円なので、

受注生産を考えると

そこまで高くない妥当な値段かもしれません。

 

申込方法はネットや窓口と選ぶことができますが、

ネットで申し込むのが一番楽で

お支払い方法は銀行振込となっています。

 

オリンピックナンバープレートを

希望する場合、

やはり希望ナンバーで2020

を選ばれる方も多いようで、

その際は抽選となっています。

 

もちろん特別ナンバープレートは

オリンピックだけではなく、

2019年ラグビーワールドカップや

ご当地ナンバープレートも

地域によって存在していますので、

気になる方は調べてみましょう。

 

ナンバープレートによってオリンピックを

応援できるのは嬉しい事ですね。
 

この記事の監修者

車査定.COM㈱
車査定.COM㈱
主に車売買の情報を発信しています。「役に立った!5万円も得しました!」などのコメントをもらう度にこのサイトを作って良かったなと思います。