この記事は約 2 分で読めます。

 
自転車は便利なもので

ちょっとした買い物にも最適ですよね。

 

車と比べると、

自転車に乗って気になる事は、

「雨問題」だと思います。

 

片手で傘をさせば雨に濡れる事はないですが、

片手で傘をさして運転する事になるので

とても危ないですよね。

 

今回はそんな悩みを解決する

画期的な濡れない方法についてまとめました。

自転車で「雨に濡れない」方法①

まずはシンプルな方法として、

ポンチョやカッパなどの

「レインコートを着用する」

と言う事です。

 

見た目が悪いと思われがちですが、

レインコートは最近お洒落なものも多く、

最近では女性でも積極的に利用しています。

少し目立つかもしれませんが、

カゴまでかぶれるレインコートもあるので、

全身だけでなく荷物まで

雨からガード出来る優れものもあります。

 

ファッションを気にする人でも

納得できるポンチョやカッパもあり、

基本的ですが一つは

買っておきたいアイテムですね。

自転車で「雨に濡れない」方法②

こちらは海外発祥のアイテムです。

 

傘を片手で持って運転すると危ないですが、

自転車に傘固定具を取り付ける事で

「ハンズフリーで傘をさす」

事が出来ます。

 

大きめの傘を使用すれば自身も守れますし、

自転車も雨から守ってくれます。

 

最近では日本にも流行ってきており、

自転車に取り付けて走っている事も

多く見るようになった

ポピュラーな方法と言えます。

 

しかし、風が強い日は

運転が難しいかもしれないので

気をつけてください。

 

さらに、

雨を防げる傘固定具ですが、

・日中の紫外線を防げる

・ひったくり防止効果

も期待できる一石三鳥のアイテムです。

自転車で「雨に濡れない」方法③

スイス生まれでヨーロッパで流行ってるのが、

「自転車用シールド」です。

 

自転車のサドルとハンドルにかけて

円形に被せるようなフォルムのシールドで、

体全体を雨から守ってくれます。

 

日本ではあまり浸透していませんが、

透明なので視界を遮られる事もない

優れものです。

 

日本では自転車ショップなどでは中々

購入出来ないアイテムで、

Yahoo!などの通販で購入可能です。

 

「自転車 スイス シールド」

などと検索してみてください。

 

斬新な雨自転車濡れない方法として

おすすめですが、

費用目安は3,0000円と

少し高くなるのが難点です。

 

どうでしたか?

自転車利用時に雨は厄介ですが、

レインコートや傘固定具を使用する事で

気軽に実践できておすすめです。

 

自分に合った物を選んで

快適な自転車ライフを過ごして下さいね。