この記事は約 2 分で読めます。

 
最近では「自動運転装置」を

搭載している自動車が多く見られます。

 

そんなことが当たり前になる世の中。

 

そうなってくると車に興味がある方には

「車の自動運転ってそもそも何?定義は?」

「自動運転の定義は?」

という疑問が出てきます。

では、さっそくそんな疑問を

解消していきましょう!

車を「買う」「売る」 前に読む記事!
①車を安く買う方法は?
②車を高く売る方法は?

車の自動運転って何?

自動運転とは文字通り、

人が運転をする必要が無い

車が自動走行する自動車

の事です。

一般道では法律の関係で

自動運転は世界中で

まだ走行が認められていません。

ただし、危険な工事現場では

無人のダンプカーや

パトロールカーが活躍している国もあります。

車の自動運転の定義は?

自動運転には定義があり、

レベルで管理されています。

 

「自動運転」と一言で

言ってしまうのは簡単ですが、

実は6段階もレベルで分けられています。

・レベル0

運転に関するすべての操作を人が行います。

・レベル1<運転支援>

特定の操作を自動的に行う事で

人の運転操作を補助する場合を指します。

現在多くの車に搭載されている

“安全運転支援システム”

がこれに当たります。

 

・レベル2<部分自動運転>

システムが自分で判断し、

同時に複数の操作を自動的に行う事を指します。

こちらも多くの車に搭載されている

“アダプティブクルーズコントロール”

がこれに当たります。

・レベル3<条件付き自動運転>

限定された状況でのみ自動運転が行われ、

システムが対応しきれない場合は

人による運転が必要な場合を指します。

※2018年にAudiが

レベル3を搭載した自動車を販売開始。

・レベル4<高度自動運転>

ほぼすべてを自動で行いますが、

特定の場合のみ(高速道路や悪天候等)

人が運転する場合を指します。

※日本では2020年までに

レベル4を搭載した自動運転の

自動車の実用化を予定。

・レベル5<完全自動運転>

人が一切運転操作に関与しません。

※世界各国のメーカーがレベル5の

実用化に向けて開発を行っています。

スポンサーリンク

自動運転の意外なメリット、デメリットとは!?

今、世の中はロボット社会に向けて

突き進んでいる途中です。

 

自動運転の車の発達も

まさにその1つだと言えます。

 

では、

自動運転が世に広がりを見せると

どのようなメリット、デメリット

が現れてくるのでしょうか。

 

メリット:高齢者が車に乗れる!

若い時は運転する事が

難しいとは感じませんが、

歳を取って高齢になればなるほど

運転の難しさが身に沁みます。

 

危険物に対しての反応が遅くなったり、

道幅などの感覚が

わからなくなったりするのです。

 

高齢者になると危険を回避する為に

「免許証の返還」と言う仕組みもあります。

 

自動運転車が普及すれば

高齢者はいつまでも

車に乗り続ける事ができます。

 

デメリット:盗難車が増える!?

現在の日本では18歳から

免許証の取得が認められています。

 

各々が自動教習所でしっかりと

車の構造や運転技術を学んで

道路を運転できるようになっていますが、

自動運転が普及すると

若年者の車の運転が懸念されます。

 

しかし自動運転は自分で

運転する必要が無いのですから、

犯罪率の高い若年層に

盗まれる可能性も高くなります。

 

被害者が増えることは懸念されており、

意外な課題の一つと言えます。

 

確かに技術の発達は素晴らしい事です。

 

世界中が自動運転に対して

前向きに進んでいるのであれば

「こうなるであろうと言う予測」

「こうなった時の対応」

などの決まりもしっかりと

していかないと恐いですね。

 

この記事の監修者

車査定.COM㈱
車査定.COM㈱
主に車売買の情報を発信しています。「役に立った!5万円も得しました!」などのコメントをもらう度にこのサイトを作って良かったなと思います。