この記事は約 5 分で読めます。

 
SAIはハイブリッド専用車として

大々的に宣伝されています。
 

室内に使われている原材料は約8割に

“サトウキビから生まれた燃料”

が使われています。
 

リサイクル後の再利用が考えられています。
 

また性能では走行中の

誤操作による事故防止の為、

リモートタッチを装備するなど

随所にエコカーとしての手が

加えられています。
 

今回はトヨタ車「SAI」の

中古車価格や維持費用

等の必見情報を紹介します。
 
※安く買う方法のみを知りたい方は

下記リンクか目次で移動できます。
 
意外と知らない中古車を安く買う方法とは!?
 

車を「買う」「売る」 前に読む記事!
①車を安く買う方法は?
②車を高く売る方法は?

SAIとは?

SAIはトヨタ自動車からプリウスに次ぐ

ハイブリッド専用車として

2009年に発表された車です。
 

 
車体の大きさはセダンの中では

やや小さめとなっており

“コンパクトセダン”としての

位置づけになっていますが、

個性的なヘッドランプの位置や

カラーがSAIらしさを出しています。
 

メインユーザーは50代60代の男性が

多い傾向にありますが、

家族(妻)の意見を取り入れて

購入する人が多い為、

内装・外装共に女性にも

受け入れられやすく配慮されています。

 

SAIにかかる維持費は?

いくら“低燃費だ!”

“安全性が高くエコな車だ!”

と宣伝していてもやはり見た目から

高級感のある車は実際に必要な維持費を

目の前に出されない事には

納得ができません。
 

それぞれにいくら程かかるものなのか

を見て行きましょう。
 

□ガソリン代

約5.3万円/年間

  • 年間走行距離:10,000Km
  • 平均実燃費:22.4Km/L
  • ガソリン単価>120円

□保険料

約7.8万円/年間

  • 年齢:30歳
  • 等級:6等級
  • 車両保険:なし

□メンテナンス費用

約8万円/年間(車検代として)

約5万円/年間(オイル交換やタイヤ代として)

SAIの維持費はトータルで

約25万円程度となりました。
 

燃費はやはり他の車に比べて良い方なので

ガソリン代は安く済みそうです。
 

しかし、総排気量が

2.0ℓ超2.5ℓ以下となり税金が高めでした。
 

削減できる所を見つけ、

日々心がける事で少しでも

出費を抑える事はできそうです。
 

SAIを購入する際の注意点とは?

SAIは静かなエンジン、

長時間座っても疲れないシートが

乗った人に好評を得ています。
 

しかしその反面でスピードを出して楽しむ、

アウトドアに利用するといった事には

不得意な面が多々あります。
 

購入する際には自分がSAIを

どのように使っていきたいのか

を明確にする事が必要です。
 

そしてしっかりと試乗も行いましょう。
 
 ・金額で妥協する

 ・見た目だけで決める

購入後に後悔しないように上記の2つは

絶対にしないでください。
 

SAI新車の価格相場は?

□SAI G“Aパッケージ”

(メーカー希望小売価格・税込)

  • [2.4L+モーター]2WD
  • ¥4,339,637

□SAI G

  • [2.4L+モーター]2WD
  • ¥3,961,833

□SAI S“Cパッケージ”

(メーカー希望小売価格・税込)

  • [2.4L+モーター]2WD
  • ¥3,437,149

□SAI S

(メーカー希望小売価格・税込)

  • [2.4L+モーター]2WD
  • ¥3,303,818

 
SAI 特別仕様車G“Viola”

(メーカー希望小売価格・税込)

  • [2.4L+モーター]2WD
  • ¥3,996,982

どのグレードもそれぞれ

内装・外装にこだわりがあります。
 

SAI新車の値切れる金額相場は?

過去の販売時の値引き額を

見て行きましょう。
 

車両本体のみ

(オプション装備、付属品なし)での

金額となります。
 

  • 2016年平均値引き額―26万円
  • 2015年平均値引き額―25万円
  • 2014年平均値引き額―23万円
  • 2013年平均値引き額―20万円
  • 2012年平均値引き額―20万円
  • 2011年平均値引き額―18.5万円
  • 2010平均値引き額―10万円

販売当初は値引き額は高くはありませんが

年々その金額は上がっています。
 

SAI中古車の価格相場は?

運転のしやすさや燃費の良さから

中古車市場でも人気の高いSAIです。
 

新車の金額はさすが高級車だな。
 

と言う感じですが、中古車の価格は

どのようになっているのでしょうか。
 
□SAI G“Aパッケージ”

  • メモリーナビ、フルセグTV
  • バックカメラ、盗難防止システム付き
  • 年式:2016年
  • 走行距離:0.6万Km
  • カラー:パールホワイト
  • 排気量>2400CC
  • ¥3,480,000(本体価格)

□SAI G

  • 社用車として使用歴あり、バックカメラ
  • フルセグTV、16インチアルミ付き
  • 年式:2015年
  • 走行距離:3.9万Km 
  • カラー:パールホワイト
  • 排気量:2400CC
  • ¥2,484,000(本体価格)

□SAI S“Cパッケージ”

  • メモリーナビ、フルセグTV
  • アルミホイール付き
  • 年式:2015年
  • 走行距離:0.5万Km
  • カラー:クリヤストリームメタリック
  • 排気量:2400CC
  • ¥2,800,000(本体価格)

□SAI S

  • メモリーナビ、フルセグTV
  • アルミホイール付き
  • 年式:2015年
  • 走行距離:0.5万Km
  • カラー:クリヤストリームメタリック
  • 排気量:2400CC
  • ¥2,800,000(本体価格)

□SAI S

  • SDナビ、バックモニター
  • ETC、LEDライト付き
  • 年式:2015年
  • 走行距離:6.2万Km
  • カラー:ブラック
  • 排気量:2400CC
  • ¥1,998,000(本体価格)

 

SAIの中古車、新古車を安く買う方法は?

携帯電話、インターネットが普及して

車の価格、品種といった情報集めとして

誰もが気軽に検索すると思います。
 

でもそんな情報がたくさんある中でも、

ネット社会の中にも公開されていない

中古車、新古車情報があるんです。
 

下記ではそういった

簡単には見つけることが不可能な

中古車、新古車が探せるサイトを

ランキングで紹介したいと思います。

お勧めランキング1位:ガリバー




中古車販売台数1位を誇り、

勢いがとまらないガリバー。

ここでは大手ならではの驚異の保障があり

・最長10年保障で安心

・返品も大丈夫

・修復歴なし

という特典がかなり魅力的です。
 
お勧めランキング2位:ズバット車販売
ズバット車販売 スマホ

誰もが悩む中古車し。
 

そこでも一度は試して欲しいサイトが

「ズバット」です!
 

希望車種をいくつか紹介することで

プロ目線で探してもらえる事が特徴です。
 

もちろん具体的に今欲しい車が

決まっていない方なら特徴を伝えて

プロが勧める車種を紹介してもらう

ことも可能です。
 

一番お勧めの理由としては

年間60万台の新しい情報を更新していくため、

探しても見つからない車情報が

簡単に手に入れれます。
 
お勧めランキング3位:カーセンサーnet

車取り扱い会社として雑誌・メディアにも

取り上げられている車取り扱い会社こと

「カーセンサー」です。
 

あらゆる保障に関して業界では

最多項目で選択可能かつ

保証期間最長3年を実施しているので、

購入後の安心感は文句なしの会社です。
 
お勧めランキング4位:カスタム車探すならFLEX



カスタム好きで改造済の車や

大型車、特殊な車を探してみたい方。

絶対に抑えておきたい

必見会社「FLEX」!
 

種類は豊富で個性的なため

たとえカスタム車といっても

探してみると掘り出し物が見つかる

といった事例もあります。
 

以上の紹介したサイトのそれぞれ

入力も1分程度です、

気軽に覗いてみて下さい。
 

よくあるSAI特有の故障とは?

純正ナビの不具合

SAIにはディーラーオプションに

純正ナビがあります。
 

このナビのプログラムに不備があり、

モニター機能が正常に作動しなかったり

目的地の検索ができないなどの

症状が発生しました。
 

対象者へはディーラーから

サービスキャンペーンのお知らせが

出されましたので修理を行った後は

正常に働いています。
 

中古車購入時に純正ナビが付いている場合は

販売元に確認を取る事をおすすめします。

 

SAI高く売る為の維持方法は?

査定額が高くなる根拠は

走行距離・年式・修復歴などがありますが

すべてが揃っていなければならない

訳でもありません。
 

要は

「オーナーがどの位SAIを

大事に扱っていたか」

が重要となるのです。
 

その為に

無理な運転(急発進や急ブレーキ)をしない

 ・オイル交換などのメンテナンスは怠らない

等、日々の心がけも大切です。
 

「運転していて疲れない」と言うのは

年配の方や女性にはとてもうれしい事です。
 

SAIは安全性・走行性の評価がとても高く

オーナーを満足させている車と言えます。
 

ターゲットは年配の男性ですが、

室内空間は女性にも好まれる

仕様となっています。
 

中古車市場でもSAIは活発な動きを

見せていますので、

これからどんどん人気な車となるでしょう。

この記事の監修者

車査定.COM㈱
車査定.COM㈱
主に車売買の情報を発信しています。「役に立った!5万円も得しました!」などのコメントをもらう度にこのサイトを作って良かったなと思います。