値段

この記事は約 2 分で読めます。

 
リニア新幹線は完全に完成するのは

まだまだ先ですが、

着々と進んでいます。
 

将来に向けて

画期的な交通手段となる「リニア」
 

新幹線ですらものすごい値段がしそうですが、

それが「リニア」となったら

どれほどの値段になるのでしょうか?
 

そこで今回は

リニア中央新幹線の値段や

既存新幹線の値段のシステムなど

をまとめました。

車を「買う」「売る」 前に読む記事!
①車を安く買う方法は?
②車を高く売る方法は?

新幹線・電車の値段のシステムは?

北海道新幹線や北陸新幹線のように

昭和の時代に制定された

「整備新幹線」は、

全て国費(税金)で線路等の

鉄道施設を作って

それを各旅客鉄道会社(JR)

に貸し与えます。
 

つまり、各旅客鉄道会社は

実際の列車運行や日頃の

保守作業を行いますが、

「各社保有の財産では無い」

ということになるんです。
 

あくまでも

「国から借りている」ものなので、

年間多くのリース料を

30~50年程度(路線により異なる)

毎年一定額払い続ける必要があります。
 

例えばJR西日本が北陸新幹線の

上越妙高駅~金沢駅間の

「リース料は年間100億円」

と言われています。
 

同線では今後福井県の敦賀駅を

経由して京都・大阪府内まで

開業する事が決まっているため

リース料はさらに増える見込みです。
 

リース料は総合計の金額が決まっており、

その分を払いきってしまえば

追加整備等ない限り

それ以上支払う必要はありません。
 

JR東海は早いうちに

全て払いきってしまい、

今や国に対してリース料は

支払っていません。
 

こういったこと以外は、

国は一切関与しません。
 

JR東海の自己資金で

鉄道施設の建設や車両の新造、

関係者の育成、

技術を作り上げる等全てが“自前”です。
 

リニア中央新幹線の値段は?

JR東海は以前から

「リニアを国が作ってくれ」

と要望しましたが、

いつまでたっても作ってくれないので

仕方なく“自前”で作る事にした

と言う経緯を持ちます。
 

その費用は東京~名古屋間で約5兆円

名古屋~大阪間で約4兆円

つまり何と合計で「約9兆円」必要とされています。
 

この9兆円の設備が

どんなものか気になる方は

こちらも読んで見て下さいね。

リニアと新幹線の違いとは?衝撃的な走行方法や速度も!


 

しかし、ここで

「こんなにも多額の費用を

1社で用意出来るのか?」

と、疑問に思うでしょう。
 

2016年度の収支を見ると、

収入が1兆7,000億円あって、

本業の儲けを示す営業利益は

6,000億円あります。
 

収入ではJR東日本には勝てませんが、

営業利益は全JRトップで、

営業利益率も同様です。
 

つまり、儲かり過ぎているので

9兆円もかかる設備投資も可能と言えます。
 

とは言っても、

将来的に見れば

必ず必要資金が用意出来る

と言う保証はありません。
 

基本的には毎年の収入から一部を

リニア建設資金に充てる計画です。
 

これからの時代に

リニアは必要となると思うので、

計画通りいくと良いですね。
 

この記事の監修者

車査定.COM㈱
車査定.COM㈱
主に車売買の情報を発信しています。「役に立った!5万円も得しました!」などのコメントをもらう度にこのサイトを作って良かったなと思います。