この記事は約 2 分で読めます。

 
自転車のカギを失くされたことは

多くの人にあることと思います。

 

自宅の鍵と違い、キーケースなどに

入れることなく持ち歩くので、

財布を出したと同時に落とすことは結構あります。

 

そんな無くした時に

使いたい裏技が「ヘアピン」

では、さっそく見てみましょう。

「ヘアピン」で開く自転車の鍵の種類は?

基本的には、万が一自転車の鍵を

失くしたときの対処方法ですが、

「ヘアピン」でできる

カギ穴の種類は限られています。

 

それは自転車の鍵が

シリンダータイプ(ギザギザの鍵)

のみで有効です。

とは言え、だいたいがこのタイプなので、

基本的には可能でしょう。

 

また自分で行うときは、

自転車に防犯登録がされていないと

声をかけられることもありますので、

あまりお勧めはできません。

「ヘアピン」で開く自転車の鍵の開け方は?

自分であける前に、

防犯登録がしてある自転車ならば、

警察にもっていけば鍵を破壊してくれます。

 

また、自転車屋さんにもっていくと

料金がかかりますが、

新しい鍵と付け替えてくれます。

 

自分で開けるのならば、

ヘアピンを使用するとできますので

方法を見てみましょう。

①ヘアピンの先をレの形にになるように曲げる

②カギ穴に差し込む

③いつもカギを開けるように金具に引っ掛けて回す

と書きましたが、

この作業は中々難しく

初めての方には時間がかかると思います。

 

私も20分くらいかかりました。。。

(窃盗犯じゃないですよ!笑)

 

いかに上手くひっかけて回すかなので、

色々な場所を狙って回しまくるしかありません。

 

そして逆に考えれば、

初心者でもヘアピンがあれば

自転車のカギは開くというのは

どういうことでしょうか?

「ヘアピン」で開くという怖い真実とは?

この記事を読んでいる方に

そんな人はいないと信じますが、

1日に150件以上の自転車盗難

が起きているという事実があります。

 

自転車を盗むという行為は

窃盗罪に問われます。

 

窃盗罪になると10年以下の懲役

または50万円以下の罰金に

課せられることになります。

 

また、放置自転車を盗むのも犯罪です。

 

放置されていても誰かの自転車です、

これを勝手に使用することは横領になり

1年以下の懲役

または10万円以下の罰金となるのです。

 

どうでしたか?

一番は自転車の鍵を

失くさない事が大事ですが、

自転車の鍵の忘れ物や落としものは、

毎日とんでもない数だそうです。

 

大きなキーホルダーを付ける等、

工夫して無くさないようにしましょうね。