この記事は約 2 分で読めます。

 
お気に入りの自転車を

「好きな色やデザインを塗装したい」

と思ったことはありませんか?

 

周囲の自転車と同じ色、例えば

黒一色のようなデザインだったりすると、

つい間違って他の人の自転車の鍵を

開けようとしてしまい、

恥ずかしい思いをした

といった経験をよく耳にします。

 

自分の自転車が違う色だったら。。

でも自転車を塗装しようとすると、

大変な作業で難しいですよね。

 

自分で作業ができない以上

お店にいって業者に頼むしかありません。

 

そこで、今回は

自転車の塗装を専門に行う業者

について紹介したいと思います。
 

「自転車塗装業者」の種類とは?


 
自転車塗装業者と言っても、

単にフレームだけを持ち込めば

塗装してもらえるといった業者から、

自転車の分解から塗装、

組立までを一貫して

行ってもらえる業者まであります。

 

前者の塗装だけを行う業者に

塗装を依頼する場合には、

自転車の解体や組立は自分で行うか、

自転車屋に依頼するしかありません。

 

後者のような自転車屋の技術を兼ね備えた

塗装業者こそが、自転車塗装業者

と呼べるのかもしれません。

 

したがって、自転車塗装業者を選ぶ際には、

  • 自転車の塗装だけを依頼するのか
  • 自転車の解体から組立までを依頼するのか

の内容で、業者も価格も異なることを

理解しておいてくださいね。
 

「自転車塗装業者」価格の相場は?

それでは、「自転車塗装業者」価格設定の

相場はどのようになっているのでしょうか。

 

「フレーム持ち込み」塗装の場合
 

 
最低でも単色塗装で約25,000円が相場です。

 

さらに、デザインを依頼すると

デザイン料として最低でも

20,000円は必要になります。

 

自転車塗装に加えて分解と組立を依頼する場合
 

 
塗装の費用とは別に約15,000円の費用が

必要になります。

 

自転車にオリジナルの塗装を施そうとすれば、

合計で最低でも約60,000円は必要になるもの

と考えて下さいね。

 

さらに一つ上の塗装を目指す場合
 

 
サスフォークの塗装やロゴシールの作成など、

約100,000円は必要になります。

 

なお、基本料金以外に、

作業内容に応じて別途料金が発生することも

想定されますので、見積書を作成してもらい、

納品時に高額な請求がないように

注意しましょう。

 

どうでしたか?

自転車塗装は、自転車屋が

  • 学生の春の入学時の新車購入
  • 社会人の入社の時の新車購入
  • 日々の修理、メンテナンス

といった事業収入だけで

商売は厳しくなってきました。

 

自転車業界を取り巻く

厳しい経済情勢に対抗するための

有効な事業ですね。

 

自転車塗装が、多くの人々に認知され、

浸透していけば、塗装価格の相場も、

手頃な価格になることを祈りましょう。