この記事は約 5 分で読めます。

 
日本の高級車と言えば“クラウン”です。
 

日本人好みの高級感を内外に備え

購買欲を高める販売戦略は好調で、

不況と呼ばれる時代でも販売数は

一定の水準を保っています。
 

クラウンのシリーズの中でも

“クラウンロイヤル”は昔ながらの伝統を

1番受け継いでいる車種であり、

古くからのクラウンファンの支持は

計り知れません。

 
そんなクラウンロイヤルの

中古車を安く購入する方法

に合わせて必要維持費や車体価格を

紹介していきます。
 
※安く買う方法のみを知りたい方は

下記リンクか目次で移動できます。
 
意外と知らない中古車を安く買う方法とは!?
 

車を「買う」「売る」 前に読む記事!
①車を安く買う方法は?
②車を高く売る方法は?

クラウンロイヤルとは?

クラウンロイヤルはトヨタが

“クラウン”を販売する過程で

登場させた車種です。
 

 
2003年に“ゼロクラウン”の名で

市場に登場しました。
 

先代までのクラウンの良さを残しつつ更に

豪華さを加えた造りが話題となりました。
 

「クラウン=王冠」に

「ロイヤル=国王、王室」を加えた名称で

名前に負けない存在感を発揮しています。
 

クラウンロイヤルにかかる維持費は?

高級車ともなればその維持費も

かなりの値段になるのではないでしょうか。
 

およその年間でかかる費用を見ていきます。
 

◇ガソリン代

約7万円/年間

  • 年間走行距離:10,000Km
  • 平均実燃費:15.3Km/L
  • ガソリン単価:110円

◇保険料

約6万円/年間

  • 年齢:35歳
  • 車両保険:あり
  • 支払方法:年払い

◇メンテナンス費用

約12万円/年間(車検代として)

約5万円/年間(予備費として)
 

車検はディーラーに出すのが1番安心です。
 

代車を無料で貸し出ししてくれたり

整備士が細かい場所まで見てくれたりと

信頼でき良い事が多いです。
 

その反面、費用が高めなので

車検場所には頭を悩ませる所です。

 
予備費としてはスタッドレスタイヤの購入や

交換、消耗品の費用などがあります。
 

書き上げただけでも年間で

約30万円は必要となってくるでしょう。
 

これ以外にも様々な出費が

起こり得る事を想定しておきましょう。
 

クラウンロイヤルを購入する際の注意点

クラウンロイヤルは

車そのものを楽しむ人には

最適な車と言えます。
 

1つ1つのパーツに高級感があり

“特別な車”に乗っている

優越感を与えてくれます。
 

逆に走る事を楽しみたい人には

クラウンロイヤルはあまり向いていません。
 

そのような人にはスポーティーさを

売りにしているクラウンアスリート

をおススメします。
 

クラウンロイヤル新車の価格相場は?

ハイブリッド車も用意されており

環境にも配慮されています。
 

グレードの種類は多様で購入時には

自分の好みと価格との相談になりそうです。
 

(メーカー希望小売価格・税込)

  • Hybrid ロイヤルサルーンG
  • 【2.5L+モーター】【2WD】5人乗り
    ¥5,772,600
     

  • HybridロイヤルサルーンG Four
  • 【2.5L+モーター】【4WD】5人乗り
    ¥5,988,600
     

  • Hybrid ロイヤルサルーン
  • 【2.5L+モーター】【2WD】5人乗り
    ¥5,022,000
     

  • HybridロイヤルサルーンFour
  • 【2.5L+モーター】【4WD】5人乗り
    ¥5,238,000
     

  • 2.5ロイヤルサルーンG
  • 【2.5L】【2WD】5人乗り
    ¥5,221,800
     

  • 2.5ロイヤルサルーンG i-Four
  • 【2.5L】【4WD】5人乗り
    ¥5,459,400

 

クラウンロイヤル新車の値切れる金額相場は?

高級車である“クラウンロイヤル”の

新車購入時の値引き額は

それ程高くありません。
 

なぜならば

「値引きをする=価値を下げる」

事になるからです。
 

それでもオプションを付けた後からは

多少値引きが可能なようです。
 

過去の値引き額を調べてみました。
 

  • 2016年―平均24万円
  • 2015年―平均24万円
  • 2014年―平均25万円
  • 2013年―平均19万円

数十万円のオプションを付けて

上記の値引き額では実質車両本体の

値引きは無いに等しいです。
 

新車を値引きしてもらうのは

かなりの難関と言えます。
 

クラウンロイヤル中古車の価格相場は?

“いつかはクラウン”

1983年に発売された

7台目クラウンのキャッチコピーです。
 

日本を代表する車種である

クラウンのシリーズ車である

“クラウンロイヤル”は中古車市場でも

人気が高いです。
 

市場価格の一例を見てみましょう。
 

クラウンロイヤル
2.5ロイヤルサルーンG i-Four 4WD
寒冷地・後期モデル

  • 年式:2017年
  • 走行距離:21Km
  • カラー:ワインレッドメタリック
  • 排気量:2500cc
  • ¥4,990,000(本体価格)

クラウンロイヤル
ハイブリッド2.5ロイヤル
純正SDナビ、革シート付き

  • 年式:2016年
  • 走行距離:0.8Km
  • カラー:パールホワイト
  • 排気量:2500cc
  • ¥4,331,000(本体価格)

クラウンロイヤル
ハイブリッド2.5ロイヤルサルーンG
新古車

  • 年式:2015年
  • 走行距離:0.3Km
  • カラー:ブルー
  • 排気量:2500cc
  • ¥3,580,000(本体価格)

クラウンロイヤル
ハイブリッド2.5ロイヤルサルーンG
純正HDDナビTV付き

  • 年式:2014年
  • 走行距離:0.3Km
  • カラー:シルバー
  • 排気量:2500cc
  • ¥3,999,000(本体価格)

クラウンロイヤルは新車で

無理に値切るよりも中古車市場で探す方が

掘り出し物が手に入る事もあります。
 

クラウンロイヤルの中古車、新古車を安く買う方法は?

みなさんが車を購入しようと思った際に

一度は必ずインターネットで

気になる車を検索しますよね?
 

しかし実は皆さんが見ている車が

全部ではありません。
 

その会社しか持っていない

非公開の中古車情報が数多くあります。
 

ここではそんな非公開を含めた

中古車や新古車を探せるサイトを

ランキングで紹介したいと思います。

お勧めランキング1位:ガリバー




誰もが一度は車の売り買いを調べた際に

ガリバーが出てきたことはないでしょうか。
 

ガリバーはそれだけ有名な超大手の会社で、

中古車販売台数1位を掲げています。
 

そんなガリバーは大手ならではの

特典があります。
 

それは

最長10年保障、返品OK、修復歴なし

と、売る車に自信があるからこその

特典ではないでしょうか?
 
お勧めランキング2位:ズバット車販売
ズバット車販売 スマホ
中古車探しなら有名な会社です。
 

年間60万台の非公開車を所有しているので、

自分じゃ見つけれない

車の数もかなりのものです。
 

ズバットは自分の欲しい車を

プロに探してもらえます。
 

欲しい車種がしっかり決まってない方でも

目的で紹介できるので便利です。
 
お勧めランキング3位:カーセンサーnet

ガリバーにつぐ、大手の車取り扱い会社。
 

車に興味を持った人はだれもが一度は

名前を聞いたことがある会社ですね。
 

カーセンサは最長3年保証

とガリバーより期間は短いものの、

補償内容がこの業界では最多です。
 

購入後の安心感は大切ですね。
 
お勧めランキング4位:カスタム車探すならFLEX



カスタム好きな方、

少し特殊な装飾をした車を

お探しの方のお勧めです。
 

一度このサイトを覗いてみると

掘り出し物があるかもしれません。
 

今回紹介したサイトは

入力も1分程度なので、

一度中古車探しに確認してみて下さい。
 

よくあるクラウンロイヤル特有の故障とは?

<ミリ波レーダーの誤検知>

雨の日や暗い時間帯などで前方が

見えにくい時にミリ波レーダーが

障害物を素早く感知し

自動ブレーキをかける仕組みが付いてます。
 

衝突安全装置として導入されていますが

この部分に関して

リコールが出された事があります。
 

乱反射した情報をミリ波レーダーが

誤検知し、制御コンピューターが

働いて何もない場所でも

急ブレーキをかけてしまいます。
 

これにより後続車からの追突を

受ける事故が発生します。
 

トヨタは事前措置として

障害物検知ソフトの修正を行っています。
 

新車では心配ありませんが

中古車の購入を考えている人は

きちんと対処された車なのかを

確認してください。
 

クラウンロイヤル高く売る為の維持方法は?

“クラウンロイヤル”はどこに

査定に出してもよっぽど傷物出ない限り

低い値段にはならないでしょう。
 

メンテナンスを欠かさず無茶な運転を

しなければそこそこの値が付くはずです。
 

乗り方としては

  • 禁煙にする
  • 土禁にする

などは次のオーナーさんに

喜ばれる要素としてあげられます。
 

現在の国産高級車と言えばレクサスですが

以前はクラウンがトヨタを、

いえ高級車を代表する車種でした。
 

1つの車種名を長年にわたって

守り続けているクラウンは

多くのオーナーから愛されている車です。
 

昔ながらのクラウンのスタイルを

引き継いでいるクラウンロイヤルの

オーナーは比較的年配の方が多く

社用車としてお使いの方も多いです。
 

高級車ですがデザインや価格に

嫌味が無いクラウンロイヤルは今後も

多くのオーナーからの愛情を

受け続けて行く事でしょう。
 

この記事の監修者

車査定.COM㈱
車査定.COM㈱
主に車売買の情報を発信しています。「役に立った!5万円も得しました!」などのコメントをもらう度にこのサイトを作って良かったなと思います。