この記事は約 2 分で読めます。

 
洗車機と言うと、

車を入れれば全自動で

車を洗ってくれる機械です。

 

かなり多くの人が利用していますが、

洗車機で車に傷がつく

と噂が後を絶ちません。

 

そして、その中でも特に

「コーティング車を

洗車機で洗うとどうなる?」

という疑問は多いです。

そこで今回は

コーティング車と洗車機

の関係を徹底的にまとめました。

車を「買う」「売る」 前に読む記事!
①車を安く買う方法は?
②車を高く売る方法は?

洗車機でコーティングは剥がれるの?

まずは結論から言うと、

コーティング車を洗車機にかけた場合、

「コーティングは剥がれる」

というのは事実です。

ですがこれはほんの少しで、

コーティングが全て剥がれる

という訳ではありません。

 

少しずつ傷が蓄積していくと、

コーティングの防汚力や撥水機能は

低下してしまいます。

 

コーティングが剥がれるのが気になる方は、

手間がかかりますが手洗いをした方が

コーティングは長持ちします。

 

特に黒や紺色の車は、

洗車傷が目立ちますので注意しましょう。

コーティング車にお勧めの洗車機は?

洗車機には50年以上の歴史があります。

その50年の間に

様々な洗車機が誕生しました。

 

その中には、

ナイロンブラシを使った洗車機などの

車に大きく傷をつけてしまう機械

もありました。

 

しかし、

近年では洗車機自体の性能が上がり、

最新の洗車機では

傷がつくことは減っています。

 

但し、

どの洗車機でも風が発生し、

誇りや小石などで

細かい傷はついてしまいます。

 

そんな中でおすすめなのは、

・リップルブラシ(特殊ゴム)

・ソフトロール(布ブラシ)

・マルシェ32(スポンジブラシ)

が車体に優しいので

コーティングをしていたり、

黒系の車の方

はそういう洗車機を選びましょう。

 

さらに、

これらは洗浄性も高く、

汚れも良く落ちます。

 

洗車機を使う際は、

あまり古い洗車機は使わないように、

上記を使った洗車機を使うように

するといいでしょう。

洗車機に入る前にやっておくべきこととは?

実は洗車機での傷を

少しでも減らす方法があります。

 

それは

「洗車機に入れる前に、

水で車体の汚れを流しておくこと」

です。

洗車中に起こる傷のほとんどが、

元から車体に付いていた埃などです。

 

洗車機のブラシが

どれだけ進歩しようとも、

埃などが付いていた場合に

どうしても傷が付いてしまいます。

 

そのため、

洗車機に入れる前に簡単に

車体を水洗いすると、

車体に傷が付くリスクを

減らすことができます。

 

これは車の手洗いの場合でも同じで、

まずは車体を水洗いしておくと

傷が付きにくくなります。

 

どうでしたか?

コーティング車を洗車機に入れた場合、

コーティングが

剥がれることはありませんが、

コーティングに傷がつきます。

 

洗車機を使う場合は、

なるべく新しい洗車機で

を選んでくださいね。

 

車は色々と手間がかかりますね。

 

洗車機は便利ですが、

古いものは傷がつく可能性もある

というリスクのことを

しっかりと理解してやりましょう。

 

この記事の監修者

車査定.COM㈱
車査定.COM㈱
主に車売買の情報を発信しています。「役に立った!5万円も得しました!」などのコメントをもらう度にこのサイトを作って良かったなと思います。