この記事は約 2 分で読めます。

 
「プリウス」と言えば、

人気1位と言っても過言ではない車ですよね。

 

しかし、

「プリウスphv」は高性能にも関わらず、

「プリウス」ほどの人気が出ていません。

 

これには何か理由があるのでしょうか?

 

そこで今回は「プリウスphv」の違いや

デメリットなどをまとめました。

「プリウスphv」「プリウス」の違いは?

まず、デメリットを知る前に、

「通常のプリウスとの違い」

を知っておきましょう。

 

プリウスと言えば、

トヨタのハイブリッド車として有名です。

1997年に世界初の

量産ハイブリッド専用車として

販売が開始され、

燃費の良さを一番の売りとした車です。

 

「21世紀に間に合いました。」

は今でも覚えているキャッチコピーですね。

 

現在でも世界一のトヨタの最人気車種です。

そのプリウスが更に進化したのが

「プリウスphv」

phvはプラグイン・ハイブリットの略称になります。

 

プリウスとの違いは、

家庭用コンセントや専用充電器から

「バッテリーへ直接充電」

することが出来るのです。

 

プリウスは

電気モーターとガソリンエンジンで走る

hvのハイブリッドカーとなります。

 

電気モーターだけでは

3キロほどしか走れないため補助的な役割、

基本はガソリンエンジンで走行しますが、

初動時はガソリンの消耗を防ぐため

電気モーターが働くのです。

 

充電の残量が減ってくると、

エンジンを回しながら発電し

残量を増やしていきます。

 

結果的に

プリウスに対して「プリウスphv」は

燃費が段違いに変わり走行距離は倍に、

遠出をしない方にはガソリン給油なしで

利用できる車となっているんです。

 

それでは、

なぜ「プリウスphv」はプリウスを超える

人気車になっていないのでしょうか?

「プリウスphv」の3つのデメリットとは?

そこで「プリウスphv」の

デメリットを見ていきましょう。

①乗車定員4人

これは痛いですね。

 

せめて5人ならという意見が多く、

物足りなさを感じています。

 

ゆったりした車のイメージかもしれませんが、

若い世代、家族などに

支持されない部分かもしれません。

 

後部座席のアームレストの使い勝手に

戸惑う方も多くいるかもしれません。

 

②ラゲッジルームが高い

ラゲッジルームの位置がモーターがある為、

高い位置に設定されており

プリウスに比べると狭くなっています。

 

その為、

荷物の積み下ろしに不便があります。

 

③価格が高い

メリットの燃費から考えても、

価格が高すぎる

という意見が多いようです。

 

結果的に、

300万円以上払って

4人しか乗れないのならば

使い勝手が悪いという意見がありました。

 

どうでしたか?

つまり、

「プリウスphv」は万人受けと言うよりは、

プリウスよりも高級感、エコなどの

部分を選んだ車種なんです。

 

「プリウスphv」は

レンタカーでも借りることが可能なので、

購入を考えている方は

試しに借りてみるのはいかがでしょうか。

 

私も1日試しに乗っていみましたが、

相当良かったですよ。

 

環境に優しいのは

断然「プリウスphv」です。

 

これからの環境問題、

子供達に平和な地球を残すためにも

「プリウスphv」を利用するのは

良い事かもしれませんね。