この記事は約 2 分で読めます。

 
トヨタの大型ミニバンタイプの

高級車「アルファード」

 

その価格は、最安グレードの

「X」クラスであっても300万円を超えます。

 

そして噂の「ロイヤルラウンジ」

 

「アルファード」は外観をパッと見ただけで

素人がそのグレードを判別することは、

「ロイヤルラウンジ」の

エンブレムでも確認しない限り、

ほとんど無理だと言ってよいでしょう。

 

しかし、車内はすごいんですよね。

 

今回はそんな

「アルファードロイヤルラウンジ」

の仕様、価格、乗っている芸能人

などをまとめました。

「アルファードロイヤルラウンジ」の仕様は?

「アルファードロイヤルラウンジ」が

なぜ最高級車と称されるのか、

その仕様のうち主な装備を

見ただけでも分かると思います。

 

まず、シートが本革のハイバックチェア

であることは当然のこととして、

温熱シート、パワーオットマン

フルフラットパワーリクライニングが

装備されています。

 

さらに、

リラクゼーションシステムとして、

高級マッサージチェアーで

知られるフジ医療器が共同開発した

全身パルス、ストレッチ等の機能が

座席に装備されています。

 

また、

集中コントロールタッチパネルにより

テレビ、ラジオ、

その他装備の操作ができるようになっており、

24インチ液晶ディスプレイ、

冷蔵庫、格納式テーブル等が

設置されています。

 

正に、動く執務室であり、

快適ラウンジでもある仕様と言えるでしょう。

「アルファードロイヤルラウンジ」の価格は?

アルファードの最高グレードの

「HIBRID Excutive

Lounge S」

ですら、750万円を超えます。

 

つまりこれより高級なので

とんでもない金額です。

 

そんな「ロイヤルラウンジ」は、

なんと「1,500万円」を超えます。

 

やはりこんな最高級車に乗っている

芸能人は気になるところですよね。

では、見てみましょう。

「アルファードロイヤルラウンジ」に乗っている芸能人は?

この車に乗っている芸能人は、

あまり多くは知られていません。

 

しかし、「ドクターX」でおなじみの

「米倉涼子」さんが

「アルファードロイヤルラウンジ」

に乗っています。

また、

「ダイヤモンドユカイ」さんが

「ベルファイアー・ロイヤルラウンジ」

の兄弟車に乗っていることは

よく知られています。

 

一方で、

「佐藤浩市」さん

「内野聖陽」さん

「藤原紀香」さん

「山田孝之」さん

「小池栄子」さん

「加瀬亮」さん

「東国原英夫」さん

などは「アルファード」に

乗っていることは知られていますが、

それが「ロイヤルラウンジ」で

あるかどうかについては、

はっきりした確証がありません。

 

どうでしたか?

「アルファードロイヤルラウンジ」は

車内をじっくりのぞき見ることが

できないことは言うまでもありません。

 

しかし、

「ロイヤルラウンジ」は芸能人、資産家

といった金銭的に裕福な人々に

好んで購入されているであろうこと、

また、そのような人々にしか

手が届かないような存在であることは、

疑いようのない事実ですね。