この記事は約 2 分で読めます。

 
自動車を購入した際に、

自動車検査証(以下「車検証」)

の記載内容をよく見たことがありますか。

 

車検証には所有者と使用者の欄があり

それぞれ住所と氏名が記載されています。

 

これらの記載事項に変更が生じた場合は、

どのような手続が必要になるのでしょうか。

 

特に、転勤が多い人の場合、

住所変更後も車検証の住所は

変更前の住所のままにしている

例を見かけます。

 

そこで今回は

車検証の住所変更をする理由と

ディーラーによる手続きについて

紹介していきます。
 

車を「買う」「売る」 前に読む記事!
①車を安く買う方法は?
②車を高く売る方法は?

「車検証」の住所変更の必要性は3つ!?


 
車検証の住所変更が必要な理由は

3つあります。

 

早速見ていきましょう。

①自動車納税通知書の配送
 

 
自動車税の納税通知書が

届かなくなるからという程度であれば、

「郵便局の転送届で解決できる」

と言う人もいるでしょう。

 

しかし、

住所が1年以上変更されない場合や、

さらに転居してしまうような場合には、

転送期限が切れて届かなくなります。

 

そうすると、支払われなかった自動車税に

「延滞金を加算して支払う」ことに

なってしまうので注意して下さいね。

 

②自賠責保険の影響
 

 
事故の際、住所が変更されていないと

「自賠責保険で対応してもらえない」

恐れがあります。

 

③道路車両運送法の罰則
 

 
道路車両運送法では、

住所変更があった場合、

15日以内に車検証の住所変更をしないと、

最高で50万円の罰金を

支払わなければならなくなることも

ありますので、要注意です。
 

「車検証」の住所変更手続方法は?


 
車検証の住所変更手続は

どのようにすればよいのでしょうか。

 

車検証の住所変更は、車種によって異なり

◇普通車の場合:運輸支局

◇軽自動車の場合:軽自動車検査協会

で手続きを行います。

 

そこで、管轄に変更がなければ必要書類の提出

管轄が変わる場合は、書類の提出に加え、

自動車の持ち込みも必要になります。

 

◇住所変更の必要書類

  • 車検証
  • 使用者の印鑑
  • 所有者の印鑑
  • 住民票の写し又は印鑑証明書
  • ナンバープレート情報
  • 車庫証明書

などが必要になります。

 

必要書類を揃えるだけでも大変ですので、

ディーラーに依頼した方が良いですね。
 

「車検証」の住所変更手続費用は?


 
車検証の住所変更はディーラーに

任せた方が確実ということです。

しかし、自分で手続をする場合と比べれば、

相応の費用が必要になることは

覚悟しなければなりません。

 

どれくらいの費用がかかるかと言った時、

一般的にナンバープレートの変更がなく

車庫証明を取得する必要がない

住所変更の費用は1万円程度

手続が複雑になれば5万円程度

にもなる場合があります。

 

これに対し、

自分で手続を行う場合6千円程度

で手続き可能です。

 

どうでしたか?

車検証の住所変更を

ディーラーに任せるべきかという判断は、

手続に要する労力と費用の

どちらに重きを置くかによって

判断が分かれるところですね。

 

自分の時間と余裕を考えて

一番良い方法を選んで

手続きしていきましょう。