この記事は約 4 分で読めます。

 
地球温暖化は時代が進むにつれ

深刻化している環境問題ですよね。

 

そこで何となく

子供や孫の時代の為にと思っても

「実際に対策って何だろう?」

と思う方も多いのではないでしょうか?

すず
すず
そこで今回は
地球温暖化で
国・個人
でできる対策
を紹介します。

では、さっそく見ていきましょう!

車を「買う」「売る」 前に読む記事!
①車を安く買う方法は?
②車を高く売る方法は?

「地球温暖化」の悪影響は?


 
地球温暖化の悪化によるリスクは、

IPCC(気候変動に関する政府間パネル)

の第5次評価報告書に記されています。

 

地球温暖化に関する専門家が指摘する

3つのリスクの内容を紹介していきます。

 

①「海面上昇による健康障害や生態系崩壊」
 

 
この問題に対しては特に

南太平洋の島国で構成されている国で、

国土全体が海に沈んでしまう

危険が増大しています。

 

理由は地球温暖化による、

  • 極地の氷床
  • 北極圏内
  • 高山地域

などの箇所で「氷河の溶融現象」が加速し、

海水量が極端に増え続けています。

 

液温が上昇するということは

海水自体の体積膨張も考えられており

その結果、世界の海水面増加量は

過去100年の平均値に対し「19センチ上昇した」

との研究報告があります。

 

南太平洋の島国では浸水が進み、

海岸線が内陸へ入り込んでしまい、

満潮時には道路が浸水している現状です。

 

日本でも高潮や沿岸部の洪水が懸念されます。

 

②「都市部への海水氾濫による悪影響」
 

 
世界における主要な都市部

  • ニューヨーク
  • ロンドン
  • 東京

などは、一部の内陸主要都市を除けば

ほとんどが沿岸部に広がっています。

 

そうした都市部は海水面の上昇により、

  • 河川への海水流入
  • 氾濫による衛生環境の悪化
  • 耕作物の絶滅による環境被害

などの障害、悪影響が懸念されています。

 

③「異常気象によるインフラ機能停止」
 

 
温暖化は、過去に類を見ない異常気象と

2次被害が予想されています。

 

「断続的な豪雨災害」

「大規模広範囲な森林火災」

などがそれにあたり、

道路、鉄道、各種公共施設、港湾などの

インフラ機能停止を呼び起こす

トリガーになっています。

 

今後、温暖化が進めば上の3項目以外でも

  • 「熱波による死亡や罹病」
  • 「食料不足」
  • 「健康被害」
  • 「水不足による飢饉」
  • 「生態系の崩壊による生物多様性の消失」

などが挙げられます。
 

日本の「地球温暖化対策」とは?


 
温暖化問題は全世界を巻き込んだ

取り組みが必要になっており、

日本でも

「全国地球温暖化防止活動

推進センター(JCCCA)」

という組織があります。

JCCCAとは
「Japan Center for Climate Change Action」
の略称で、一般的に
「推進センター」「ジャッカ」
と呼ばれています。
環境省の下に平成11年(2009年)に設立。
現在は、一般社団法人
地球温暖化防止全国ネット
(JNCCA:Japan Network
for Change Action)
の指定を受けた組織になっています。

 

日本での取り組みはこれまでに

JCCCAなどの組織によって提言された方策を

法律や政策で仕切る取り組みを行っています。
 
①地球温暖化対策の推進に関する「法律」
 

 
平成28年(2016年)5月に施行された

罰則付きの法律で、

温暖化対策の大きな法律的柱になります。

 

この法律で、日本国内の地球温暖化対策を

推進するための枠組みが定められ

本格的対策が講じられる動きになりました。

 

②世界規模での「条約」
 

 
温暖化対策で有名な

「京都議定書によるCO2排出規制」

も国として取り決めたものになります。

 

それぞれの国単位のCO2排出量の

目標を決め、その量に向けて

国内法の整備や実施要領を

定めさせることになっています。

 

③国民への「啓蒙運動」
 

 
CO2排出を抑制するために、

国民に向けた啓蒙活動を行っています。

 

これはJNCCAなどが国内各地区に

支部を設け、

種々の啓蒙活動について教育を通じたり、

地域活動を通じて実践しています。

 

温暖化対策は、各国民一人一人の

理解と協力によるものが大きく、

一方では大規模開発や科学技術により

効果的に地球温暖化対策を

講じられているのも確かです。
 

「地球温暖化」の個人でできるエコ活動は?


 
私達個人でできるエコ活動によって

地球温暖化を抑制できることもあります。

 

代表的なエコ活動を6つ紹介していきます。

 

①「電力消費の抑制」
 

 
電力の消費量を抑制するということは、

必要な発電量を下げることにつながります。

 

火力発電が現在主要な発電形式のため、

燃料燃焼によるCO2の排出量を抑制につながります。

 

ご家庭のエアコンの利用磁気、

照明などのオンオフを忘れずやりましょう。

 

②「内燃式エンジン車、運転の抑制」
 

 
言い換えると、

ガソリンや軽油で動く車の稼働を減らす

ということです。

 

ハイブリッド車や電気自動車

アイドリングストップ機能搭載の車が

増加しつつある現代社会といえども、

内燃機関で動く車は残っています。

 

③「買い物袋の携行」
 

 
いわゆるプラスチック製レジ袋を利用しないことです。

レジ袋だけではなくペットボトルなどの

プラスチック製品の消費を抑えることは

石油消費を抑えることになります。

 

ショッピングエコバックや

水道水の浄水器を活用することで

抑制することが可能となります。

 

④「ゴミの分別を促進」
 

 
ゴミは分別することで

焼却処分する量を出来るだけ減らす

ことが可能です。

 

ゴミは種類によって最終処分方法が異なり

「燃やす」を減らすことができれば

「燃やす=CO2排出」の関係のため

温暖化の原因「CO2排出抑制」

につながります。

 

⑤「水使用を抑制する」
 

 
水を使用するためには上水道が利用されており

浄水場からポンプを利用して

高所に移動させます。

 
ポンプは膨大な電力を必要とするため

上水道の水を節約することが

間接的に電力抑制につながり、

結果地球温暖化を抑制することになります。

 

⑥「緑化推進」
 

 
個人宅では庭やベランダの緑化や、

会社ビルなどでは屋上緑化が進んでいます。

 

緑化によりCO2が吸収され

O2が供給される自然界のサイクルを

作ることが挙げられます。

 

どうでしたか。

国レベル、個人レベルで取り組める

地球温暖化対策は数多くあります。

 

みんなで一緒に取り組めるように

頑張っていきましょう。

この記事の監修者

車査定.COM㈱
車査定.COM㈱
主に車売買の情報を発信しています。「役に立った!5万円も得しました!」などのコメントをもらう度にこのサイトを作って良かったなと思います。